Monday, December 4, 2017

Lei of Aloha 11 & Hālau

久しぶりにブログのエントリーをかきます。毎日忙しくって、なかなか時間を抑えることができなかったこの2ヶ月。今回はマウイからです。

今年もクムのハーラウパーウーオヒイアカのクリスマスイベントに参加。マウイでゆくっりする暇もなしフルスピードで毎日準備にとり関わりました。まず、ハワイに行く夜飛行機が飛ばなかった!JALはその夜飛ぶはずのパッセンジャーぜいいんを成田のホテルに止めて10時間後やっとハワイにむかった!でもオアフについたらマウイ行きの最後の飛行機が離陸した後。ガアアンと思ったら、またJALがホテルを取ってくれた。おかげさまでWAIKIKI BEACHを眺めながらワインをのんびりいただくことができました!LuckY!その日はThanksgiving! ハーナイ娘のJinguji Aiがターキーを焼いたと聞き、とっといてね〜とお願いしたら、3日間つずけて食べることができました。LuckY!
月曜日が来てクムを家にお招きできたことを感謝。一年に一度のLei of Alohaはマウイのハーラウのファンドレイジングイベントです。準備の週でもあるのに、Kumu はうちに来てくれて溢れる知識を私にわけてくれました。また私のうつわがいっぱいになった!日本に帰ってNāpualikolokelaniのみんなにもっといい先生になれるようにKumuはいつも私にたくさんおしえてくれます。KumuたちのKUMUが私のKUMU!!LuckY!
とにかく、こんしゅうはLOAの準備。ハーラウの為にできることはよろんこんでやりますぞ!その一、Liliko'i Butterをつくった。Nāpualikolokelaniの皆んなの為に16もってかえる。早いものがち?ちゅうせん?

準備の間にNā Kani O HulaにいってPūiliを6セット購入。8個イプヘケオレ注文。12月と1月のスタジオのスペースの工事の為スケジュールのやり直しがあったので、それもコツコツとスケジュール管理。(何よりもそれが一番大変だった〜)napualikoの皆様ご理解ありがとう!
Lei of Aloha に もどります!売り物を準備。Malcolmの作品の吹きガラスのku'i ai,
(poi pounder)、ボール、コップ、ワイングラスを売ることにした。マルコムいつも寄付してくれてありがとう!


Lei of Alohaなので、もちろんレイも作ります。庭に咲いてるUleiとLiko Lehua と小さなponi色のお花をwiliしてつくりました。クムにはkupukupu&likoを Hakuして作りました。
オアフからレイメイカーKalani Kekahunaもきてくれて、lokelaniのレイも作ってくれた!みんなすごい。


毎年フラシスターのKathy ( Jonahのママ)が作るリースをHawaiian Immersion PreschoolのPūnanaleoでみんな集まって手伝いました。ハーブのリースなので、ローズメリー、タイム、マージョラム、セージなどなどいっぱい使った!とても可愛いし、キッチンに置くと何かオーブンに入れたくなる。今日はチキンの丸焼き?
まだまだありますよ。(どれだけ忙しかったかみんなにアピールしてる私)
では、イリマのみんなのリクエストでおしゃれで大人が
楽しめるイアリングもLOAの手ずくり。担当はAiちゃん。この写真に乗ってるのとちょっと違うけど、全部で8個持って帰るからね。
では準備から本番にまいります。
とにかく大雨でした。飾り付けが終わったと持ったらざあああああ
と雨が降ってもう一度やりなおし。でも、雨のおかげで、みんな今までよりも近で過ごせて、なんか雨と風邪はさむいけど、本当に暖かいイベントでした。アフマヌがメインバンドでたくさんフラメレをプレイしてくれて、ケイキたちからワヒネまでのんびりたのしくおどれました!Mahalo Ahumanu! 

今日の為にフラシスターズが赤かグリーンか白のドレスを着て例をかけてくるのがルール。その中でもとても可愛いセレクションをみてください!










 ハルノもソロをおどらせてもらいました。KUMUがすてきに紹介してくれて涙溢れた私でした。"Harunoは日本のNapualikolokelaniのダンサーです。彼女のクムはジュンコ、どこにいるのジュンコ手降って!これからもたくさんのフラコラボを楽しみにしてます!”と言われた瞬間、涙。”ハルノは日本のKu Mai Ka Hulaを優勝しました!”と紹介されて、ハルノはいつも通り素敵におどってくれました。
愛ちゃんもWaikiki Hula をとても可愛くおどってました!
イベントにマウイのクムが次々きてくれました。カポノアイモリタウ、ナプアグレッグ、イリアヒ、そしてミュージシャンのカラニペア。
しあわせ!LuckY!
ハーラウってこんな感じ?仲間といっしょにおどること、先生やクムに愛されること、フラを陰性と思えること、フラ競争ではなく、教育、協力、生活のいちぶってことね。


友達たちにかこまれて今日は最高な日になりました!
来年はみんなで行こうね!











Tuesday, July 4, 2017

Kū Mai Ka Hula Japan with Ahumanu

半年間みんなとコンペの準備の為フラに集中した。私のやり方は、まずチャレンジしてみたい人を集めて、ビジョンを一つにして、お互いどうし繋がって行くこと。練習は半年間かかったけど、コンペは1日で終わった。その後自分 を褒めて、よく頑張った!とご褒美をたくさんもらうこと。ご褒美って、いろいろ。まず、今までよりみんな仲良くなれたこと。今までより、みんなフラが上手くなったこと。今までより自信がついたこと。これが全部ごほうびです。


マウイからバンドがやってきた。初めての日本を耳から耳まで 広がるスマイルでうけいれてくれた。どこにいっても、何を食べても、全部新鮮で素晴らしい!と言ってくれて、私のダンサーたちをぎゅっとと抱きしめて、素敵!と言いつずけてくれたの。これもご褒美。

ソロで優勝しました。グループでカヒコとアウアナを2位になりました。これもご褒美。
でも一番のご褒美はとても楽しい時間を過ごせたことでした。練習は厳しかったし、辛い日もあったと思うけど、乗り越えて、筋肉つけて、擬似つ磨いて、笑えるようになった みんな、おめでとう!たのしかったね!

Monday, January 23, 2017

He 'olina Leo Ka Ke Aloha Hoike 2017

ホイケが終わってホッとした。見に来てくれたみんなにほめてもらった。とてもうれしいな。ハウマーナもたのしんでくれたし。ファンドレイジングもできたし。まんぞく!
今回のテーマはHe 'olina leo ka ke aloha. プログラムに書いたメッセージは:

第2回目となるホーイケは、私たちに新たな結びつきと、さらなる繋がりをもたらしてくれるでしょう。第1回目のホーイケでは、一人のダンサーがハーラウのために、より高い段階へ挑戦を試みる過程を全員で支えることを体験しました。今回のホーイケは、私達ひとりひとりがそれぞれの目標を目指し、お互いを支え合いながら、日頃の成果を披露すること、そして先生から生徒へ、生徒から先生へ、生徒同士、お互いの愛情を喜ぶ機会。特にフラを通じて、お互いを励まし合い、愛情、Alohaを伝えていきたいものです。


さて、私からのメッセージは、アロハとともにある言葉、発言、言霊についてです。どうしてこの事について語ろうかと思ったかというと、もしかしたら日本の皆さんのなかで、本当に意味を理解している人が少ないのではないかと感じたからです。フラという芸術を嗜む人、ハワイの島々に詳しい人でさえ、アロハという存在を本当の意味を学び続け、深く理解できるように努力している人は少ないのではないでしょうか。この後に、私が全てを捧げて学び、心から信頼し、称賛し、尊敬するクムフラのホークーラニ・ホルトさんからいただいたメッセーが続きますので、是非読んでみてください。クム・ホークーはメッセージのなかで、アロハとは何かを教えてくれています。全人類のための無償の愛、その最も純粋な形。今、この世界のなかで、私たち人類の全てがとるべき行動だと思います。特にフラを学ぶ人々から、始めていくべきではないでしょうか。


つずいてクムからのメッセージ::

アロハは、ハワイの人々が最も重要な価値観として、限りなく大切に守り抜いてきたことです。アロハとは、愛、慈悲、恩情、思いやり、慈善、同情や共感など、たくさんの意味を持っています。どの意味もとても大事で、秀逸を極めていなくてはならず、そして日々培われなければはいけません。アロハは命を持つ言葉、常に行動を伴うことを意味する言葉です。アロハを行う、アロハを話す、アロハを贈る、アロハを受け取る、アロハが皆さんと一緒に生き、行動していることを確認してください。そうすれば、皆さんの行動がいつもアロハとともにいられるからです。

現代社会のなかで、アロハを生きることは難しいときもあります。アロハは皆さんのわがままな気持ちを押し通せなくしますし、自分がしたいと思っていることも諦めなければいけないときがあるからです。何故なら、アロハはいつでも他者を思いやり、他者が何を望んでいるかを慮る必要があるからです。そしてアロハはいつも人々のために向上心を持ち、他者を排さず、包括する存在でしょう。

皆さんが「アロハを生きるべき」と感じたならば、それを行動にうつしてください。アロハを生きるということは、皆さんの一人一人が思いやりと優しさ、同情や共感、慈悲の心で行動し、発言することです。それは私たち、ハワイの人々が志すことであり、そのようにありたいと願ってやまないことなのです。