Wednesday, April 6, 2016

Ho'onanea 2016

久しぶりにブログに向かいエントリーを書きました。11月マウイのフラオナケイキでたくさん経験をさせてもらいたくさん学ばせてもらった後に、初めての日本コンペに挑戦す準備に入った。このコンペはパルア以外ずべてソロ部門。私たちはカイカマヒネに津村まゆりちゃん、ワヒネに斎藤しゅうこさん、ロコマイカイに大川あつよさんをコンペティターとして出てもらいました。もう11年津ずいてるこのコンペに今年は28ハーラウから55人のコンペティターが参加。その中の11ハーラウは初めて出場。私たちもその初めての参加に入る、Rookieハーラウ。

準備は私にとって、とてもハードだった。3人一度に練習できず、それぞれのスケジュールに合わせて時間を抑えた。一人一人にコクアがいて、その子たちにも学んでもらえるように進めた。でも、このコンペの準備で一晩感動したのはコクアのメグちゃんの活動。あつよさんのコクアだったメグはまず最初の一ヶ月はあつよと一緒に踊りを覚えて、曲を覚えて、自分も踊れるようになってからあつよのアシストをした。衣装に問題があれば、直してくれたり、あつよを励ましたり、私をささえたり、そして最後は他の二人のコクアも務めた。それも最後まで、輝くスマイルを消さず、しっかり目をダンサーと先生のに向けて、正直に意見をかわしてくれた。来年はメグの番だね。

曲はそれぞれの個性と正確に合わせて選んだ。あつよは愛に溢れる美しい人の曲NANI.
しゅうこはパワフルな神話、Peleの曲No Luna,そしてまゆりは自然の素晴らしさを表現するマウイのハナの曲Ka ʻĀina Kaulana O Hana Nei.
みんな素敵だったよ。その上、初めてのこのコンペに出させてもらったのに、ご褒美までもたせてくれた。まゆりは3位としゅうこは4位。また来年がんばる。hula is lifeと思えば、一回で結果はだせるわけない!何度もチャレンジして、階段をだんだんと上がっていくのです。

そして参加者んのみんなが思い出のキルトを打ってくれた。このような素敵な生徒たちに恵まれて、心は慶にあふれます!