Tuesday, July 16, 2013

Pi'ilani Hale and Kahanu Garden

マウイのおお様ピイラニの実家は大きなヘイアウです。ピラミッドの用に石を貸せ寝て出来て、上からだんだんと階段のように下がってくる、巨大なヘイアウ。むかしは訪ねて来た観光客がうえまでのぼって、石をいただいてかえってたそうです。もういまは立ち入り禁止になって、きまった道しか歩けません。近くに大きなマウンテンアップルの木が熟れた実であふれてました。マウンテンアップル(オヒアアイ)の味ってどっちかと言うと洋梨ににてると思う。瑞々しくって、ほんのり甘い。おいしいいいいい!
16正規のピイラニ王はマウイを一つにした王様。道をぐるっとマウイの周りに作って、旅が出来るようにした。マウイに来るとHono A Pi'ilani Freewayにのって、Lahaina間で行きますね。このみちにそっていくと、ピイラニの6つのBAY(ワン)をとうります。Honokowa'i, Honokeana, Honokahua,Honolua,Honokohau, Hononana.いくつか聞いたこと有るでしょう?ピイラニはよくこのベイを訪ねたそうです。ここからはピイラニの兵士がキャンプをしているモロカイにむかって出るカヌーも多かったそうですが、ピイラニはここからマウイを眺めるのが好きだったそうです。
Pi'ilani Hale を囲むカハヌガーデンを案内してくれた人の名前もピイラニさん。感情の家族がこの土地を継承した。彼女はむかし、クムフラでした。メリーモナークにも生徒たちを参加させた立派なクム。でも、今は自分の母親と家族の土地を守ることを責任(クリアナ)をもってささえてる。そのような方に案内してもらって、感動した。カハヌガーデンはウルの林ト研究をしていて、何何十種類のウルを育てている。ハイチとサモアが大きな津波、地震有った時、ウルをわけて、食べ物をじゅんびした。一本のウルの木で何百人の人が食べて行ける。
最後にうみのちかくにいったら、Monk Seal (アザラシ)がおひるねをとってました!写真の何処に有るのでしょうか?












Monday, July 15, 2013

Wai'anapanapa Pu'u O Hala

Ala Kukui のすぐ近くにワイアナパナ公園が有ります。2008年にアンティーケアラとこの場所に来た人もいます。今回はビーチのちょっと咲きのハラの木の林を見に行きました。2000年ほど前から有る林です。海を見上げる火山の石の横を目が見えないほどつずく林です。ハラの実が黄色くうれていて、ほんのりフルーティーなかおりがしました。どこかでかいたことあるな〜とおもい、何度も鼻までもってきてかおりをあじわった。ハラの木の葉っぱはとても大きく、みんながしってるラウハラマットになったり、屋根になったりします。でもとげも大きいので、収穫はかんたんではない。むかしはもっともっと葉っぱが大きかったそうで。もういちどハラの木を元の健康にもどすため、ハワイアンの人たちハ働きはじめました。木の幹はでこぼこで、伝説に登場する、豚男、カマプアアの皮のようだと思われ、ハラの木はカマプアアの家族だと言われてます。ペレの兄弟なので、ハラの木の周りは火山の石に囲まれているそうです。



Hana Huaka'i

Kumu とクムのハーラウ、パウーオヒイアカの皆とハナに行きました。まず金曜日の午後にアラククイと呼ばれるステキなロッジに付き、寝る場所をゲットして、その日はお弁当をたべてねるだけ。次の朝は美味しいブレフエスをもぐもぐたべて、アラククイの素晴らしい歴史ととってもスピチュアルである土地に感謝お込めて祈りました。底でまず一回目の並だをながし、一日を迎えました。パウーオヒイアカはナプアリコロケラニとにていて、小さい子はわずか3人、ティーンズも3人ほど、間の30代から40代から50代そして、60題から上は何人かいる。でも、皆、うまく、調和して、皆お手伝いして、助け合ってました。これからこのフアカイのブログがんばって書くから皆見てね。

Monday, July 8, 2013

Kahakuloa and UHU

アンクルオリバーの家とアフプアアに行ったこと有るナプアリコたちはもう既に、カハクロアまで旅出てます。でも今回はアイちゃんの彼氏のタッドと一生に魚をつりに行きました。ハナに行くより、ほそくってぎりぎりの道を車で走って、アンクルオリバーの家の前をと売りすぎて、急に海の方にむかって下って行く。こんなの道じゃな〜いと思う間もなく、崖の前に車がストップ。荷物を出して、つぎは歩きで、ずるずると、下に広がる海まで、どんどんと下って行った。そしたら!めのまえに火山の黒い石でできた、海のタイドプールがいっぱい!小さな魚がいっぱい泳いで、ゆうがな時間を過ごしてた。すっご〜い!と思い、さっさと海にはいって、温泉気分。マルコムとタッドはもっと激しい、太平洋にむかって、魚をハンティング。私とアイザックは岩と石をまたっ足り
、上ったり、体験と冒険。1時間半ほどたったら、タッドが戻って来て、大きなUHUをてにしてた!お家に戻って、まずさしみ。アイザックが最近お料理にめざめたようなのでおまかせ。めちゃ美味しいUHUの唐揚げを作ってくれた。マウイのビールを片手にいただきま〜す!あっというまに、1ぴきペロっとたべちゃった!



Paddle boarding in Kapalua

もう少しカパルアのお話しするね。普段、ハーラウの合宿の場合、あまり、ここまでこないので、次の合宿の下見のために海遊びの研究を皆のためにしておきました。親切な先生でしょう。??。。
カパルアの手前にナピリベイもあるし、駐車場がべんりで、めちゃ異例なトイレも有るし、カメもイルし魚がいっぱい!フムフムヌクヌクアプアアがじろじろ泳いでる皆を見つめ、いかさんもいました。いかって、不思議なエイリアンみたいな生き物だよね。刺身にすると美味しいはず!と一番最初に思った人ってすごいな〜すごいな〜戸思いmな柄、私はその以下の上をぷくぷく浮いてました。とちゅうで、パドルボードを借りて、アイザックといとこたちがモロカイ等の前を行ったり来たリ。私はボードにのせてもらい、ケオプアラニ大情のようにすわったまま。とにかく、みんなまかっかっか!ワンポイントアドバイス。爪の先まで、サンスクリーンをぬりましょう!


ili ili sounds that the pebbles make

網マウイにかえって来て、8日目。一昨日はラハイナの方に行って、カパルアベイでスノーコリング。モロカイ島がきれにみえてました。帰りに、パリを超える前のペブルビーチでイリイリをピックアップ。こんなにたくさん石が有るのに、ちょうどいいサイズを見つけるのに時間がかかった。一人4個。一つはスムーズ、もういっこはラフ。それで1セット。全部で5セット見つけた